しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

携帯小説書きます。題名→ぴよちゃん

題名→ぴよちゃん




作、幸香



ぴよちゃんとゆう名のひよこがいました。かわいらしい男の子のひよこでした。ひよこ売りのおじさんが、お祭りに持ってきたたくさんのひよこの1匹でした。





ひよこは、100匹はいましたが、どんどん売っていき、新しい飼い主のもとに、ひよこ達が旅立っていきます。






ぴよちゃんと名付けたのは、とある女の人でした。





シンプルで、いい名前だと、ひよこ売りのおじさんが、適当に相槌をうちました。





そして、ぴよちゃんと名付けられたひよこは、その女の人に、買われて、仲間のもとから、去ることになりました。




女の人は、ひよこのことをとても大切にしました。



ひよこは、女の人の部屋中に、ふんをしました。ひよこのトイレをしつけるのは不可能です。ひよこや鶏が、なぜ、ペットとしてあまり飼われていないのか、なぜ、外で飼われているのか、女の人は、理解しました。







女の人は、それでも、ぴよちゃんのことを大切にしました。毎朝、ぴよちゃんのふんを、しまつするのが、女の人の日課になりました。







とある朝、女の人が起きたら、ぴよちゃんは、いなくなっていて、かわりに、男の人がたっていました。






『とうとう魔法がとけました。』






状況を、理解できず、女の人が、困って、男の人に説明を求めました。






男の人は、自分が、ぴよちゃんであると言うのですが、女の人は、信じませんでした。






男の人は、





『大切にしてくれてありがとう。』







というと去っていきました。






いったいなんだったんだろうと、女の人は、ベッドの上でとほうにくれました。







あの男の人が、ぴよちゃん?






女の人は、普段着に着替えて、あったかいコーヒーをすすり、ぴよちゃんのことを想うのでした。






おわり。

題名→あり 作、ともにゃん&あやか

ありが、今日も、元気に遊んでいます。







ありは、運動会を始めました。






ありのおじぃちゃんが、孫のありを、応援します。





『がんばれー!』








ありは、運動会をやめました。






(雨だ)(雨だ)






雨が降ってきたので、ありの運動会を、一時中断しました。







雨がやんだころ、そろそろお弁当の時間です。






『おいしいね。』





『おいしいね。』






『おいしいね。』






ありのお母さんの手作り弁当は、大好評。






みんな大喜びです。






午後の種目が始まりました。







『みんながんばれ、ファイトー!』







ダンスの種目では、みんながんばって踊ります。






この運動会の目玉は、なんといっても、クラス全員で踊るダンス。1組から、3組まで、思い思いに、ダンスを、踊ります。










運動会が、終わりました。







ありの子供達は、みんなにっこにっこ。







『来年もがんばろうね。』







おわり

雨の夜 作、ともにゃん&まいまい

題名→雨の夜





作、ともにゃん&まいまい






氷がはる夜の公園の水たまり。ふむのパリッと音がする。




氷が別れた音。






現在の時刻、深夜5時。早く目覚めすぎた、夏希(なつき)は、国家公務員宿舎に併設される公園にいた。






気温も上がってきており、雪が、雨へとかわっていた。






『今は朝?それとも、夜ぅ?』






『知らない。』






自分で言って自分で答える。






朝ごはんは、きっと、今日も、トーストだろう。そう思いながら、公園の中を歩く。







ららら。







古川夏希(ふるかわなつき)、小学生。黒い髪の毛を、腰までのばしていて、結ぶのを、嫌う。







公園の遊具には、うっすら雪が、積もっている。遊具は、全部で、4つある。






ブランコ、すべり台、シーソー、鉄棒。




全て、赤と黄色で、遊具の色は、合わせられている。






ほぼ黄色だが、赤色が、さしてある。今は雪でその色が、ぼんやり隠れている。








この日は雪のち雨で、お日様はかくれんぼしている。






雨の夜も、終わり、朝がきた。






おわり