しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

携帯小説書きます。題名→はちみつれもん

はちみつれもん


作・幸香




はちみつれもん…それは、昔、お母さんが作ってくれた、甘くて、優しい、思い出の味。







太陽の光が、カーテンの隙間からもれ、あたしの目に、ちょうどあたっていた。







ベッドで、身じろぎをして、光が、うっとうしくて、まばたきをする。







お母さんの、掃除機をかける音と、暖房器具の規則的な音だけが、日常の中に、響きわたる。







(お母さん、もう掃除機かけてるんだぁー。)





『おはよう。レモン。』







レモンの部屋のドアをノックもせずに、母親が開ける。





『おはよう。お母さん。』







機嫌悪そうに、母親の顔を見るが、ぼやけてしか見えない。






コンタクトレンズを、いっつも、つけているレモンは、視力は0・3だ。







洗面台にむかい、手を洗う。清潔になった手で、コンタクトレンズケースを、開け、コンタクトレンズを手に取り、目に、つける。






世界がとても、リアルになる。







あたしは、今現在、魔法使い大学二年生、でも、魔法使い大学を、やめようかと、考えてる。








この世界は、魔法と科学が、混在する世界。みんなから、愛されてる…そんな世界。





つづく。