しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

題名→はちみつれもん。つづきその3。

大学の講義が、始まった。







そして、あるメモが、まわされてきた。







魔法教授の目を盗み、メモを、慣れた感じで、まわす学生達。






『幽霊を、見たことはあるか?』

走り書きでそう書いてあった。






最近は、いつもそうだ。きまってこの内容。






幽霊なんか、存在しないと、レモンは、思っていた。でも、佳那汰が見たとゆうので、みんな信じている。






佳那汰の発言は、絶対的なものなのだ。









そうあの時は、佳那汰と二人きりで、ドキドキしていた。







大学の図書館に来ていた。



佳那汰が、レモンのレポートを、ちょうど、丸写ししていた。大学の図書館は、あまり人気がなく、いつもすいている。人が少ない。








そこで、『幽霊がいる』と、







佳那汰が、一人騒ぎ出した。




自分には、霊能力(れいのうりょく)が、あるのだと、佳那汰は言う。









レモンには、何も見えなかった。






ただのいつもの、図書館の風景が、ひろがっていて、変わったことなど何もない。









でも、レモンは、佳那汰に気に入られたい、いっしんで、自分も見えると、言ってしまった。








本当は何も見えてなどなかった。








見えてるふりをした。てきとうに、佳那汰に話を、合わせておいた。







でも、佳那汰が、他の友達、大学の仲間にも、そのことを、しゃべり、今、大学の図書館の幽霊が、みんなの話の話題になっていた。









後悔した。







なんで、見えると言ってしまったんだろう。








嘘なんて、すぐばれるに、決まっている。