しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

日記三十九日目

公園のトイレには、トイレットペーパーがない。







その確率は高いと思う😔運よくある時もあるが、たいてい、ない。







今日のあたしの時もそうだった。便座に座り、いざ、しょうとしたら、トイレットペーパーにないことに気がついた。







他のトイレの個室から、かりようと、パンツとズボンをはきなおし、確かめると、ないのだ。どこにも。







トイレットペーパーが。







トイレをする前に、トイレットペーパーを、確認するくせが、あたしになかったら、たいへんなことになっていただろう。







ようをたして、濡れたおしりを、どうしたものか、悩むところだった。








あたしだけなのだろうか?トイレにトイレットペーパーがなくて、困るのは。あたしが、ただ、運が悪いだけ?








でも、実際に公園のトイレに行くとトイレットペーパーは、ないのだ。なぜ?








あたしは、いつも、家のトイレットペーパーを、気にしている。






1階は、2個。2階には、4個。常に、トイレットペーパーが、ある状態にしておくことが、我が家の、暗黙のルールだ。








最初は、1階も、4個ほど、トイレットペーパーを、置いていたが、お母さんが恥ずかしいから、やめてというから。2個に落ち着いた。








あたしは、トイレに入る度にトイレットペーパーの数を数える。







ときどき、1個たりない時などあり、だいたい犯人は、お父さんなのだ。






あたしは、すかさず、トイレットペーパーを補充する。