しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

日記四十一日目

【カードを触れてください】機械の声がする。それは、ここが、バス停であることを、しめしている。






今、あたしは、バス停にいるのだ。








カードとは、スマートカードのことだ。




ここのバス停は、バスが、いつも、時刻表よりも、早くきて、停車している。そして、機械がまた、



【カードを触れてください】という。







バスに乗る前に、スマートカードを、機械に当てなければならない。整理券をとるという手もあるのだが…







あたしも、スマートカードを、持っている。








でも、あたしは、歩いて帰るけど。

バスには、乗らないのだ。









バスが、ピーっとゆう長い音を、出しながら出発してった。








あたしは、それを、見送った。







さぁー、家に帰ろう。