しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

ショートケーキ(携帯小説)

甘い





甘い




ショートケーキ。

子どもの頃から、大好きだった。





【ショートケーキ】携帯小説スタート






『久しぶりぃ。』





そう言って部屋に入ってきたのは、嫁にいったはずの我が娘、智美。





『どうした?なにかあったのか?』





俺の名前は、中村一語(なかむらいちご)智美の父親。





もう、60才だ。




『お父さん、大好きでしょ?いちごのショートケーキ?!』





そうゆうと、俺の部屋の、テーブルの上に、ケーキを、置く。







『今、コーヒー入れてくるから。』そう言ってバタバタと、一階に降りていく。






俺の名前が一語だから、いっつも、智美は、いちごのショートケーキをもって里帰りする。





俺にあうのが、目的じゃない。ペット達に、会いに来てる。





まめに。





俺に会うのは、ついでだ。





智美も、ソウルとゆう名の猫を飼ってるが、俺の妻が、飼ってる猫や犬に、頻繁に会いに来る。






猫も、犬も、喜んでいるが、俺は、智美がいると俺の部屋がみだれるから、あまり、帰ってきたほしくないのが、本音だ。




智美の荷物が、俺の部屋を、占領してる時もある。





『ともみ、矢作くんと、小木くんとは、仲良くやっていってるのか?』





『ラブラブだよ。』






『じゃー、なぜ、家に来る?』





『猫や犬達に、会いに来てる。』






やっぱりだなって俺は思った。




また、近いうちに、帰ってくると言って智美は、帰って行った。





猫や犬達が、さみしそうに、去っていく智美を、見つめていた。





窓にはりついて、去っていく智美を、見つめる猫と犬達に、なんだか、せつなくなった。







おわり