しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

幸香のショート携帯小説 作、幸香

題名→雪の日のアイスコーヒー




作、幸香







幸香は、毎日、コンビニのアイスコーヒーを飲む。100円で買えるからとゆうのが、1番の理由だが、味が気に入っているとゆう理由もある。








(今日は雪か…)







そう思いながら、今日もいつものコンビニに入っていく。







幸香が、コンビニに入ったことを告げる音が鳴り響く。それは、明るくて、拍子抜けするほど平和な音…。







幸香は、まっすぐ、アイスコーヒーの、まだ、アイスコーヒーになっていない、カップと氷が入った、それに、近づいていく。







氷が入ったカップを、1つ、手に取り、レジに持っていく。






会計を済ませ、アイスコーヒーマシーンが置いてあるところまで行く。





アイスコーヒーマシーンの正式名称は、知らない。幸香が、勝手にアイスコーヒーマシーンと呼んでいるのだ。








アイスコーヒーマシーンに、氷が入ったカップをセットし、ボタンをおす。






熱いコーヒーが、注がれ氷がとけていく。







ちょうどいい感じにアイスコーヒーができあがる。





アイスコーヒーを、持って、コンビニを出る。





いつも、アイスコーヒーは、一口目だけが、おいしい。






雪が、降っている中、アイスコーヒーを、飲みながら歩く幸香は、いやに、滑稽にみえる。







いつもの公園につき、そのころには、アイスコーヒーは、飲み終わっていて…






地域猫に、キャットフードを与える。





『メリークリスマス』






いつも通りのメリークリスマスだ。








終わり。