しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

携帯小説書きます。

題名→おねだり彼氏とその彼女



作、幸香





『もしも、君があたしのこと好きなら、明日の3時に、図書室に来てください。』








そうゆうと、彼女は、 サハラのもとから、去っていった。






永原サハラ(なかはらさはら)女子からは、けっこうモテるつもりだが、平凡を、絵に書いたような男。








わがまま。甘いものが大好き。よくクラスの女子から、おやつを、もらっている。






いつも、



『ねぇー、ねぇー、なんか、甘いものなぁ~い?』





と女子に、おやつを、催促している。






女子からは、わりと好かれていて、可愛がられている。






サハラは、3時前に、図書室に来た。







でも、サハラは、つきあう気など、さらさらなかった。







でも、サハラ自身も、最近、気になっていた子だったので、とりあえず、図書室に来た。







彼女が、図書室のドアを、開けて入ってくる。






どきどきした。まるで、自分は、彼女のことが、好きみたいじゃないかと思った。








『あの…』






彼女がしゃべりだす前に、サハラは、自分でも意外な言葉をはっしていた。






『ねぇー、ねぇー、君のこと、食べさせて。甘くておいしそう。』






二人は、付き合うことになるのは、これから、1年後の話になる。







おわり。