しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

携帯小説書きます。題名→ぴよちゃん

題名→ぴよちゃん




作、幸香



ぴよちゃんとゆう名のひよこがいました。かわいらしい男の子のひよこでした。ひよこ売りのおじさんが、お祭りに持ってきたたくさんのひよこの1匹でした。





ひよこは、100匹はいましたが、どんどん売っていき、新しい飼い主のもとに、ひよこ達が旅立っていきます。






ぴよちゃんと名付けたのは、とある女の人でした。





シンプルで、いい名前だと、ひよこ売りのおじさんが、適当に相槌をうちました。





そして、ぴよちゃんと名付けられたひよこは、その女の人に、買われて、仲間のもとから、去ることになりました。




女の人は、ひよこのことをとても大切にしました。



ひよこは、女の人の部屋中に、ふんをしました。ひよこのトイレをしつけるのは不可能です。ひよこや鶏が、なぜ、ペットとしてあまり飼われていないのか、なぜ、外で飼われているのか、女の人は、理解しました。







女の人は、それでも、ぴよちゃんのことを大切にしました。毎朝、ぴよちゃんのふんを、しまつするのが、女の人の日課になりました。







とある朝、女の人が起きたら、ぴよちゃんは、いなくなっていて、かわりに、男の人がたっていました。






『とうとう魔法がとけました。』






状況を、理解できず、女の人が、困って、男の人に説明を求めました。






男の人は、自分が、ぴよちゃんであると言うのですが、女の人は、信じませんでした。






男の人は、





『大切にしてくれてありがとう。』







というと去っていきました。






いったいなんだったんだろうと、女の人は、ベッドの上でとほうにくれました。







あの男の人が、ぴよちゃん?






女の人は、普段着に着替えて、あったかいコーヒーをすすり、ぴよちゃんのことを想うのでした。






おわり。