しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

携帯小説書きます。題名→小学校にて 作、幸香

題名→小学校にて





作、幸香





らーちゃんは、静かに授業をうけていた。






ここは、らーちゃんが通う小学校。らーちゃんは、三年三組だ。





『…であるからして』






平穏な空気が流れる中、先生の声だけが、響く。






先生以外言葉をはっする者はいない。静かに時が流れる。その平穏を、崩す者はだれもいない。






いつもと変わらない時が流れる。退屈な先生の話に、あくびを、する者もいる。もちろん、先生に見つからないようにあくびをする。







らーちゃんは、授業のノートを、まじめにとりながら、アンダーラインを教科書にひく。







そこが、テストに出るのだと、先生が言うからだ。





何事もなく学校が終わって、運動場を、教室から、見ると、誰かがいる。






放課後、この教室に残っているのは、らーちゃんだけだ。






らーちゃんは、一応確認しに行くことにした。もちろん、運動場へ。








近づいていくと、ピヨピヨ、声がする。






どうやら、ひよこの声のようだ。






ひよこを、ひよこ売りが売っている。







運動場には、ひよこ売りとらーちゃん、そして、売られてるひよこ達しかいない。







ひよこ売りが、らーちゃんに、ひよこを、1匹さしだす。





お金を持っていないのだと、慌てるらーちゃん。






それを、無視して、これが、えさだと、ひよこのえさが入った袋を、らーちゃんに渡す。





『お金はいらない。もらってやって下さい。』







そうゆうと、ひよこ売りは、店じまいを始めた。







らーちゃんは、家にひよこが入った箱を、持ち帰った。







なんだったのだろう…あの人は。







らーちゃんは、箱を、開けひよこと目が合う。このひよこは、女の子なんだろうか、男の子なんだろうか、それもわからない。







『らーちゃん、それ、なぁ~に?』






らーちゃんの姉の、なっちゃんが、唐突に話しかける。





らーちゃんは、びっくりして、でも、冷静に、答える。





『ひよこだよ。』






『ひよこ?飼うのぉ?』




『うん。』






『名前はなぁ~に?』






気のぬけたなっちゃんの質問が、らーちゃんを、なぜだか冷静にさせる。






『ひよこだから、ひよちゃんかな。』







なんのひねりもない名前を、らーちゃんは、考え出した。




『そんな名前じゃひよこが、かわいそうだよ。』





なっちゃんが、そう言うので考え直すことにした。





そして、






『空色…空色ちゃん(そらいろちゃん)にする。』






『あたしは、空が好きだから。』






そう言うとにこりと笑った。





おわり。