しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

携帯小説書きます。題名→ブレイクタイム

題名→ブレイクタイム






作、幸香






あたしが、服をだれかに、選ぶ時、気遣ってることは、





どんな服をきたがっているか、






どんな気分でいるか、




きごこちはどうか、




動きにくくないか、





である。







あたしは、芸能界で、スタッフとして働いている。いわゆる衣装さんだ。






芸能人のテレビに出る衣装を、選んでいる。







もう30歳で、彼氏なし。30歳といえば、結婚にあせる年齢かもしれないが、あたしは、あまり、気にしていない。




永原いちご(なかはらいちご)それが、あたしの名前だ。

腰まである長い髪の毛を、結ばないのがあたしのポリシーで、なかなかの美髪だ。顔は、普通だが、一般人よりは、おしゃれな自信があたしには、ある。






今日は、いつもより、仕事の帰りが遅くなり、早朝に帰宅した。






実家住まいで、父母と弟と四人家族だ。






『ただいまぁ。』





『おかえり、姉貴。』





『あんたまだ、起きてたの?それとも、今、起きたの?』








ピヨピヨ、ピヨピヨ。






いつもは、いないその存在に一瞬、思考がとまる。





『何、それ?』






『スタコーンちゃん、女の子❤』







『はっ?』






永原サハラは、いちごの弟。いつも、何かと問題を、おこす。トラブルメーカーだ。





この前の夏休みなんか、1日で、夏休みの宿題を、終わらせた。夏休み最後の日にだ。






その前は、あたしに届いたラブレターを勝手に読んで、勝手に返事を書いた。







とにかく、手のかかる子だった。昔から。






突然、ひよこを、買ってきて、サハラは、どうゆうつもりなんだろうといちごは、思った。





『ねぇー?姉貴、スタコーンちゃんのお世話お願い❤』







『はっ?』






結局、サハラは、いちごに、全部押しつける気なのか?いちごは、考えた。







インスタントコーヒーを、入れながら、いちごは、スタコーンちゃんを、見つめた。







(まぁー、可愛いけど…)







仕事明けのインスタントコーヒーは、うまい。






コーヒーといえば、カフェインが入っていることが有名だ。眠気覚ましなどに、飲む人が、ほとんどだろう。







でも、いちごは、ちがう。眠る前に、コーヒーを、飲む。そうすると、よく眠れる。






学生時代に、テスト勉強を、する前に、必ずコーヒーを、飲み、テスト勉強30分で挫折して、コーヒー飲んですぐ、眠っていた。






その習慣から、いちごは、コーヒーを、飲むと、体が、眠るタイミングだと、判断するように、なったみたいだ。







だから、コーヒーを、飲む。寝る前に。








あくびを、しながら、ベッドにもぐりこんだ。






そうすると、スタコーンちゃんが、ベッドに近づいてきたので、やさしく、手のひらにのせて、枕元においてやった。






ゆっくり、眠りに落ちていく。






とおのく意識の中、スタコーンちゃんが、ほっぺたにひっついてきたのを、感じながら、いちごは、完全に眠ってしまった。









おわり。