しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

携帯小説書きます。題名→地域猫

題名→地域猫






作、幸香






『にゃー。』





地域猫が、一声、えさの催促をしてくる。






あれだけ山盛りに入れたのにもう平らげてしまったようだ。







幸香は、いつも通り地域猫の活動をしていた。






もちろんだが、今日もコンビニでアイスコーヒーを飲んだ。






見慣れない小学生の女の子を、見かけた。






どうやら、ひよこの散歩らしい。






犬の散歩を、している人は、よく見かけるが、ひよこの散歩を、している人を見かけるのは、生まれて初めてだなって幸香は、思った。







(この公園には、地域猫がたくさんいる。ひよこなんか、あぶなくないか?)








幸香は、その小学生を、じっと見ていたら、目があった。







『おねえさん、おはようございます。』





幸香は、突然の丁寧な挨拶に、びびり、


『おはようございます。』





と丁寧な挨拶を返す。




『それひよこ?』






『空色(そらいろ)ちゃんっていいます。』






『この公園は、猫いっぱいいるから、あぶないよ?』




『心配して下さってありがとうございます。でも、大丈夫です。』







『小学生だょね?何年生なの?』






『はい!三年生です。』





『あたしは、らーちゃんっていいます。』






『あたしは、幸香だよ。』




慌てて、返事を返す。







地域猫達は、なぜか、ひよこを襲わない。






ひよこは、ピヨピヨ鳴きながら、歩き回っている。地域猫達は、そんなの関係なしに、くつろいでいる。






どうやら、地域猫達は、もう満腹みたいだ。






『最近、空色ちゃん飼いだして…また、明日も、この時間にここにくれば、幸香おねえさんに会えますね(笑)』







『まぁー、そうゆうことになるかな。』








『じゃー、明日も、ここで、会いましょう。』





もう帰らないと学校に、おくれるといいながら、ひよこを、てのひらで、つつみ、走っていく。





(明日も、ここで?…か。)





なんで、あたしが、毎日ここに来てるの知ってるんだろう?見てる人は、見てるな。つくづく、そう思う幸香であった。