しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

はちみつれもん。つづきその4作、幸香

魔法使い大学を辞めた。







これで、自分のうそがばれずにすむ。安堵と少しの後悔が残る。






はたして、佳那汰は、大学を辞めてしまった自分と、友達関係を、続けてくれるのだろうか…。







もう、レポートを写させてもらえなくなっても、佳那汰は、あたしから、去っていかないだろうか?






魔法使い大学を、辞めることは、何もうそが、ばれないためだけじゃない。







まえまえから、考えてたことだった。







『レモンー❗❗❗』






自分の方に佳那汰が、かけてくる。






『大学辞めるのか?』






『うん❗❗❗』





元気よく笑顔で答えるレモン。






『俺のせいか?』






『え?』





『俺が図書館の幽霊のこと話したから、怖くなったのか?』




不安げに、レモンの顔をのぞきこみながら、佳那汰は、そう言った。






『違うよ。』






(てゆうか、あたしには、見えなかったし)






心の声を、言いそうになりながら、慌てて口をふさぐ。







『俺達、ずっと友達だよな?』







うれしいが、複雑な気持ちになる。






レモンは、佳那汰が、好きなのだ。【ずっと友達】は、嫌だ。心からそう思った。







『ずっと友達だよ。』






(まっ、友達でいてくれるだけ、いいかな。)



『じゃ、あたし、もう行くね。』







『おう。』







つづく