しあわせがかおるブログ

ほぼ、日記です。

あたしの最後の携帯小説です。読んでください。

最初は遊びだった・・・・。






それだけ。






ただの遊びの恋。






でも・・・・。




携帯小説、【ブログをよろしく】スタート。




彼らは、嘘をついている。






全てうそでできたブログ。






俺達は、いったい何?






心の中でといかけてみる。






答えは俺達の中にはない。





【俺達って何?】





だれか、教えてほしい・・・でもその思いは、線香(せんこう)の薫りとともに消えた。






お互いに嘘がある。





矢作(やはぎ)のブログは、一つ嘘がある。




俺のブログは、全部が嘘。






矢作が好きなのは俺じゃない。





俺が作った架空の俺。





嘘ばかりのブログ。





矢作は、一つ嘘をついたことを、後悔していた。好きだった、小木(おぎ)のこと…。




今は寒い冬。





肌寒い風が吹き、町行く人のほほを、赤くする。冷たい風で、ほっぺが真っ赤、でも、けして、血が出て真っ赤なわけではない。




寒くて赤くなる。





今日は、クリスマス。クリスマスツリーに、イルミネーションをつけ、部屋の電気もつけず、ぼぉーっとしていた。




俺は、智美(ともみ)が好きだ。でも、矢作の好きな人だった。






だから、俺は、好きな人は、適当な女の名前を言っといた。






いまごろ、矢作は、智美とすごしてるころだろうか。






俺達は、ブログで知り合った。




好きだった矢作のことも、智美のことも。





ピンポーン





チャイムの音で、目がさえた。







『やっと見つけた!!!!小木!!!』




そう言いながら、玄関に入ってきたのは矢作だった。





『智美と、クリスマスデートしてたんじゃないのか?矢作?』




矢作の後ろから、智美がひょっこと顔を出す。




『小木お兄ちゃん、3人で、クリスマスパーティーしょう?』






今日は、恋人達のクリスマス。





矢作と小木と智美は、3人で結婚式をあげた。





戸籍での結婚は、できないけど、3人は、いつまでも、いつまでも、幸せに暮らしましたとさ。





おわり。